So-net無料ブログ作成

湯沢温泉 雪国の宿 高半に泊まりました!その3 [旅行]

前回の続きです。

高半へ着きました。

雪国の宿 高半



雪国の宿 高半は、川端康成が定宿にしていた古い宿。
ゆこゆこネットで予約しました。
地下(と言っても、実質的には1階)には、カフェがあるのですが、蔵書数がすごい!
色々な本があり、部屋に持って行くこともできます。
部屋でゴロゴロしながら4冊読んでしまいました。

それから、風呂の横には湯あがり処があり、麦茶やどくだみ茶がいつでも飲むことができます。
そして、朝は小梅が置かれており、朝湯の後、カリカリと食べてすっきりすることができました。

フッカフカのソファで、雪国の映画も見られるんですよ。

そして、雪国文学資料室では、
川端康成が小説「雪国」を執筆した「かすみの間」も見ることができます。

肝心の温泉ですが、別名「卵の湯」と呼ばれているそうです。
でも、その名前から想像するほど硫黄の匂いはしませんでしたし、湯花も見られませんでした。
嫁は湯花を見たと言っていました。入った時間帯が違ったからでしょうか。

のんびりと時間をかけて過ごすには、良い宿だと思いました。
だから、川端康成もこの宿を好んだのかな?

次回へ続きます。



ゆこゆこで温泉に入ろう!1万円以下の温泉宿が目白押し!
お客様満足度80点以上の温泉宿が満載!
アンケート評価で選ぶ宿探しなら、ゆこゆこネット!




タグ:温泉
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

この広告は180日新規投稿のないブログに表示されます